転職はマルチタスクで考えよう~自由自在に生きる7つの法則~

ブログテーマは「失敗しない転職」です。せっかく転職するのであれば狙って成功させましょう。転職5回、仕事を楽しんでいる製造業に軸足を置くサラリーマンが発信しているブログです。転職で失敗しない為の思考法」や「転職エージェントの使い方」等が知りたい方はブログをチェックして下さい。転職先に行ってから「失敗してしまった・・」となってからでは遅いですからね。

キャリアの棚卸、自己分析に使い易いフレームワーク

本日はスーパームーン日和です。早く仕事を終わらしてお家でゆっくりお月見といきたいものです。スーパームーンを拝むタイミングは何回もあるみたいですが、今回のムーンが2019年で一番大きいみたいですよ。

twitter.com

 

◆キャリアの棚卸、自己分析に使えるフレームワーク

本日はCAN・WILL・MUSTのフレームワークを紹介します。これはどのような時に使ったらよいのでしょうか。

  • 好きなことは何か?
  • 結局、何がやりたいのか?
  • キャリアの棚卸の具体的なやり方は?
  • 自己分析ってどうするのか?

例えば、この4つの問いに対し、CAN・WILL・MUSTで整理することで、その答えを出していくということです。

「何が出来て」、「何がやりたくて」、「何をやらなければならないのか(何が求められているか)」をさらっと答えることが出来る人は、「キャリアの棚卸」や「自己分析」が出来ているとも言えると思います。

f:id:ponzoh:20190218153028p:plain

 

◆何が出来る人ですか? 即答できますか

結論からいくと、CAN・WILL・MUSTの3つが重なる分野で今仕事が出来ていれば、100点満点ということですね。いかがでしょうか?

筆者ponzohの今の仕事は、「社内のデジタル化を進める」とか、「EC化を推進する」とかなのですが、まぁまぁ重なる部分があるのかなぁ、と今書きながら改めて感じています。

では、一つずつ見ていきましょう。

 

CAN:「何が出来る人ですか?」という問いに対する答え

 

元々得意なことや、過去の仕事の経験を振り返って、どんなスキルが今の自分にはあるのか考えてみてください。

今まで仕事で何をやってきたのかを箇条書きで書き出して、「得意」、「不得意」で〇、✖を付けていくやり方をおススメしますね箇条書きで書いていくと、案外たくさんのことを経験してきたなぁ、と自分のことを褒めたくなること間違いなし!なので、是非実際にやってみてくださいね。

 

◆自分が積み上げてきた経験・スキルを相対評価ではなく絶対評価で

「相対評価ではなく絶対評価」なので、この仕事の経験はあるんだけれど、「あいつの方が高い実績を出している」というようなことは考える必要はありません。

人と比べて「優っている」「劣っている」ということではなくて、あくまでもこれまで自分が積み上げてきた経験・スキルのことですから。ここで振り返るべきは。

過去の経験を書こうと思ってもなかなか出てこない場合、他のやり方としては、上司、同僚、部下、友人等に「自分の得意」なことを聞いてみるのもいいかもしれませんね。自分の回りの人間の方が案外、知っていてくれている場合もありますから。

ponzohの場合は、「会社内部・会社外部問わず、様々な場面での交渉力に定評がある」だったり、「自由に生き過ぎてて羨ましいぐらい」などのコメントを頂戴しました (笑)

 

WILL・MUSTは次号に続けます。

f:id:ponzoh:20190206110628j:plain