転職はマルチタスクで考えよう~自由自在に生きる7つの法則~

転職活動で消耗していませんか? 転職をマルチタスクで考えることで自由自在にサラリーマンを満喫できますよ。その一部始終を公開します!

令和最初のブログは祝杯の意味を込めて稀少な日本酒「十四代」を紹介します

令和元年いかがお過ごしでしょうか。筆者ponzohはほんの少しだけ酔っ払っております。実は、この日の為に取っておいた「十四代 秘蔵酒 純米大吟古酒」を飲んだからなんです。

 

f:id:ponzoh:20190501225755j:plain

 

十四代は山形県は高木酒造さんの日本酒であります。流通量が少ないので、東京ではなかなか飲める機会はありませんが、幸運にも新宿伊勢丹で入手出来ました。たまさか立ち寄った日に日本酒フェアが開催されていて、そこで購入することが出来ました。流石は伊勢丹のバイヤーさんです。この場を借りて、御礼申し上げます。有難うございました。

 

 

 

f:id:ponzoh:20190501230429j:plain

 

味わいとしては、最初はまろやなか甘さが口全体に溢れます。それでいて、後味がスッキリしています。この秘蔵酒もそうなのですが、十四代の各シリーズに共通するのは非常に飲みやすい日本酒だということです。のど越しが良くスーッと入っていくので、なかなか止まりません(すみません。少し酔っ払いです)

 

f:id:ponzoh:20190501230903j:plain

 

合わせる食材によって十四代自体の味の表情が変わり、酒の肴の味わいを本当に引き立たせます。まさに、7色に変化する稀有な日本酒です。日本酒も食材も旨味が溢ればかんりに口の中でマリアージュを奏でます。

少しお高いですが、日本酒が好きな方にも、日本酒が苦手な方にも十四代は非常におススメ出来ますので、令和のお祝いにいかがでしょうか。