転職はマルチタスクで考えよう 失敗しない転職論

ブログテーマは「失敗しない転職」です。せっかく転職するのであれば狙って成功させましょう。転職5回、仕事を楽しんでいる製造業に軸足を置くサラリーマンが発信しているブログです。転職で失敗しない為の思考法」や「転職エージェントの使い方」等が知りたい方はブログをチェックして下さい。転職先に行ってから「失敗してしまった・・」となってからでは遅いですからね。

セルフキャリアドッグを聞いたことはありますか?

◆セルフキャリアドッグとは?

「キャリアドッグ」という言葉を聞いたことはありますか?

あたくしは全く聞いたことが無くて、キャリアコンサルタントの知人に「そういう制度があるよ」ということを教えて貰いました。

お国がやる新しいことや制度はなかなか認知が広がらないですし、一部にしか定着しないですね(その中でも、クールビズはMVP。小池百合子女史の功績。。。)

正確には、「セルフキャリアドッグ」といって、企業における組織の活性化を実現する為のアプローチのことですね。厚生労働省が進めている施策です。

 

企業がその人材育成ビジョン・方針に基づき、キャリアコンサルティング面談と多様なキャリア研修などを組み合わせて、体系的・定期的に従業員の支援を実施することを通じて、従業員の主体的なキャリア形成を促進・支援する総合的な取組みです 

従業員の仕事に対するモチベーションアップや定着率の向上などにより、企業の生産性向上にも寄与することが期待されます。 

 

f:id:ponzoh:20190731111442j:image

 

◆セルフキャリアドッグの支援拠点をキャリア相談で使ってみるのもアリ

厚生労働省が想定している効果は2つあります。 

  1. 企業にとっては、人材の定着や生産性の向上を通じた組織の活性化。
  2. 従業員にとっては、仕事に対するモチベーションの向上やキャリアパスを考えるきっかけ作り。

凄い良いこと尽くしなのに、企業への導入があんまり進んでいない印象です。

セルフキャリアドッグの取り組み自体は、2015年6月30日に閣議決定された「『日本再興戦略』改訂2015」で言及されていて、早4年経過している施策です。

2015年当時と2019年現在を比べると、転職という手段がより当たり前になってきていたり、「自分のキャリアは自分で築き上げる意識が少なからず醸成されてきている」とは感じているので、今後、セルフキャリアドッグを導入する企業は増えるのかもしれませんね。

ちなみに、厚生労働省がセルフ・キャリアドック導入を支援する拠点を東京、大阪で昨年に開設しています。

www.mhlw.go.jp

 

現職の企業内でキャリアコンサルティングの機会を得ることが難しい人や、具体的に転職までは考えていないけど、全般的にキャリアについて相談したい人は、この拠点に、現職の仕事、将来のキャリアについての相談に乗ってくれるキャリアコンサルタントが常駐しているようなので、一度使ってみるのもアリかもしれません。


良き転職エージェントと既に出会っていたり、知り合いにキャリアについて相談出来る人がいれば良いですが、そういう人脈が無ければ、こういうサービスを使ってみてはいかがでしょうか?

東京と大阪にしか拠点は無いですけど、転職エージェント同様に無料ですし、重い腰を上げてみてはいかがでしょうか?


もちろん、筆者ponzohも相談に乗るので、このブログの問い合わせページやTwitterのDM等で連絡くださいませ。