転職はマルチタスクで考えよう 失敗しない転職論

ブログテーマは「失敗しない転職」です。せっかく転職するのであれば狙って成功させましょう。転職5回、仕事を楽しんでいる製造業に軸足を置くサラリーマンが発信しているブログです。転職で失敗しない為の思考法」や「転職エージェントの使い方」等が知りたい方はブログをチェックして下さい。転職先に行ってから「失敗してしまった・・」となってからでは遅いですからね。

仕事が出来る人と仕事が出来ない人の差はどういう所から来るのだろうか。

仕事が出来る人と仕事が出来ない人の差はどういう所から来るのだろうか。

  • 学歴
  • 考え方
  • 論理力
  • 能力
  • 努力
  • 熱意
  • コミュニケーション力
  • 要領
  • 人間力

 

他にも色々と要素はあると思うのだけど、上記が仕事の成果を決める要素だとして、この要素がないと仕事の成果は出ないやろうなぁと最近思うのは

考え方

コミュニケーション力

要領

でございます。

例えば、京セラの稲森さんの有名な方程式、

考え方 ✖ 熱意 ✖ 能力 = 仕事の成果

があります。

稲盛さんも筆者ponzohも、「考え方」については同意見で、前向きに仕事の成果を求める姿勢は無いと、職業人として話にならないでしょうから、ここでは話題に挙げません。

次いで、稲盛さんは「熱意」を上げているのですが、「熱意」はそれほど無くても仕事の成果は出るような気がしています(稲盛さんに反論するのは畏れ多い・・・)

もちろん、役割や立場によってはリーダーシップが求められることもあるので、「熱意」の要素は必要だと思うし、「ここが天下分け目の大決戦!」という痺れる仕事であれば猶更でしょうけど、普段はそんな仕事はあまり無いはず。。

加えて、最近は「熱意」のある人間があまりいない気がします(笑)。どこか冷めているというかなんというか。。

3つ目の稲盛さんのいう「能力」は、持って生まれたもののことを指していると思います。

ざっくりまとめて、この稲盛流方程式で考えてみると、「能力」が例えば、0.5でも「考え方」が1.5、「熱意」が1.5であれば、0.5 ✖ 1.5 ✖ 1.5 =1.125。

一方、「能力」、「考え方」、「熱意」が全部1(1✖1✖1)の人間と比較した場合、「能力」が低くても、「考え方」と「熱意」で上回れば仕事の成果は出まっせと。

稲盛式は「能力」よりも「考え方」と「熱意」を重要な要素として見ているんですが、筆者ponzohは「コミュニケーション力」と「要領」が大切だと思っています!!

「コミュニケーション力」があれば、能力が無くて自分にできないことは人に上手く頼むことが出来ますし、加えて、要領が良ければ、頼み方もすごくスムーズだと思うんですよね。

最近、仕事を自分で抱え込んで、期待されている成果を出せていない人をちょいちょい見かけるのですが、能力は普通で、考え方もまぁ前向き、熱意はある、が、仕事が上手く回せていないと。

稲盛式でいうと、このケースは、仕事の成果が出ていてよいはずなのに、なぜか成果が出ていないと。

なんでかなぁ・・と考えていたところ、能力的にこなせない仕事の量を自分で抱え込んでいて、加えて要領も悪いから、全然仕事が進まないと。

なんでそうなるのかなぁ・・と更に考えていたら、「コミュニケーション力」が足りないから、回りに助けを求められていないんだぁ、という結論に至りました。

もちろん、マネジャーがフォローせーよ!という話もあるのですが、いっぱしの社会人なのですから、ヘルプフラグは自分で出せないといけないのでは、、と思う木曜日でした。

 

f:id:ponzoh:20190621001051j:image