転職はマルチタスクで考えよう 失敗しない転職論

ブログテーマは「失敗しない転職」です。せっかく転職するのであれば狙って成功させましょう。転職5回、仕事を楽しんでいる製造業に軸足を置くサラリーマンが発信しているブログです。転職で失敗しない為の思考法」や「転職エージェントの使い方」等が知りたい方はブログをチェックして下さい。転職先に行ってから「失敗してしまった・・」となってからでは遅いですからね。

現職も転職活動も体が資本~暴飲暴食をすれば命短く、食を慎めば天禄を食い延ばせる。~

昨日は「29on」という、お肉を低温調理する焼かないお肉屋さんで21時から食事だったので、まだ若干胃がもたれています。。結構美味しいので、ご興味ある方はご一報くださいませ。

一応、会員制なので、もっと早い時間に一緒に参りましょう。

 

29on.jp

f:id:ponzoh:20190607093725j:plain

 

f:id:ponzoh:20190607093731j:plain

 

◆易聖と言われた高橋嘉右衛門さんのお師匠様が水野南北大先生

そんなこんなで、節度ある食生活をしないとなぁ、ということで、この一文を思い出しました。

「にんげんが生涯に喰い尽くす食物の量は定まっている」

らしいです。観相師・水野南北さんの言葉ですが、そんな気が本当にしてきました。

  • 神坂 次郎
  • だまってすわれば―観相師・水野南北一代

 

f:id:ponzoh:20190607092549p:plain

 

横浜の高島町の由来にもなっている、「易聖」と言われた高橋嘉右衛門さんのお師匠さんであるのが、水野南北先生であります。高橋嘉右衛門さんを気になった方はこちらをどうぞ。これもめちゃ面白いです。

 

 

◆禍を福に転ずるの道は食に在り

南北氏は、もともとはごろつき極道、そして、稀代の観相師へ。観相師として南北氏が最も大切にしていたことは、運命判断の基礎を「食」においていたこと。

 

慎食を心がけることが、禍を福に転ずる唯一の手段である

 

と喝破した(耳が痛い)。

観相で運命を占い百発百中(これだけでも凄いが)中てるだけでなく、凶相や悪運の人間には食の指導をし、運命を変えたともいう。

未来を占うだけでなく、その未来を良き方向にもっていく術も授けてくれる南北氏はどこぞのエセ占い師とは偉い違い・・・

そんな哲人にも弱点があったのがまた面白い。

 

黙って座ればピタリと当たる

 

と言わしめた、南北氏の唯一の欠点は生涯女運が悪かったこと。清廉潔白な偉人ではなく、人情味があり普通の人間だったんだなぁ、と改めて南北氏の人柄に惚れました。

 

以下、気に入ったフレーズ

  • にんげんが生涯に喰い尽くす食物の量は定まっている。それゆえ暴飲暴食をすれば命短く、食を慎めば天禄を食い延ばせる。
  • 眼は心の窓とはよう言うたもんで、人の心を浄玻璃の鏡みたいに写しだしてしまう。本心から悔い改めた場合は、その眼がそう言うておるし、野良犬を追うときの眼つきと、赤子をあやすときの母親の眼つきは天と地ほどちがう。相学の中で一番ええ眼の相は、母親がわが子をあやしておる時の眼つき。これは慈眼というて最上の相。
  • 観相というのは、顔面の一部分の相だけを観て判じるのではない。声の色、皮膚の艶、掌の相、歩く相、坐る相、すべての相を総合して判断をくだすものだ。
  • 禍を福に転ずるの道は食に在り

 

 

みなさま、節度のある食事はしていますでしょうか。

暴飲暴食ばかりしていては、体の調子が悪くなるだけなく、運気も落ちてしまうのでご留意頂ければ幸甚でございます。現職も転職活動も体が資本ですから!

でも、本日は華金であります!!