転職はマルチタスクで考えよう 失敗しない転職論

ブログテーマは「失敗しない転職」です。せっかく転職するのであれば狙って成功させましょう。転職5回、仕事を楽しんでいる製造業に軸足を置くサラリーマンが発信しているブログです。転職で失敗しない為の思考法」や「転職エージェントの使い方」等が知りたい方はブログをチェックして下さい。転職先に行ってから「失敗してしまった・・」となってからでは遅いですからね。

各分野で革命を起こしそうなベンチャーを紹介します

本日も引き続き孫正義さんネタです。

 

◆ライドシェア、自動運転、ラストワンマイル、この分野のベンチャーは面白い

これまでは、孫さんらしいキャッチコピーや何を実現しようとしているのかを紹介しました。例えば、

  • 人生の半分は登る山で決まる
  • 熱狂せよ
  • 志高く
  • 情報革命で人々を幸せに
  • 群戦略
  • AI
  • 300年続く企業

何か元気でますね。でも、こちらに受け入れ態勢が無いと少し拒否感がある人もいるかもしれないぐらいのパワーワードばかりです・・・(笑)

そんな孫(どんな孫さん?)さんが描く「群戦略」において、どんなベンチャーに出資しているのでしょうか。

まずはライドシェアの分野。

出資先(筆頭株主)としては、アメリカのUber、中国のDiDi、インドのOla、シンガポールのgrab。Olaと聞いてピンときたら、かなりのライドシェア通ですね(筆者は知りませんでした)。

大手4社でこの分野の9割の市場シェアを占めていて、筆者はUberしか実際に使ったことしかないのですが、自動運転やIotがもっと進化すれば、この分野は日常生活に欠かせないものになるでしょうから、まぁ勝ち筋の投資ですよね。

車ネタでもう一つ紹介させてください。

これは凄いです!アメリカのNuro。聞いたことありますか?あたくしは全く無かったです。。何屋さん(パン屋ちゃいますよ)かというと、物流のラストワンマイルの担い手となる「自動運転配達屋」さんです。

ひとまず、この動画を見てください。アメリカでは実証実験をやっているみたいですし、そう遠くない未来に街中でこういう光景が見れるんでしょうね。見た目はトースターみたいですけど。

nuro.ai

f:id:ponzoh:20190509072415p:plain

◆ガンの早期発見や食料システムに画期的な変革が起こっている

医療の分野もあります。

GUARDANTです。AIによる血液生体検査サービスの会社です。要は、簡単な血液検査からガンの早期発見が出来るサービスですね。AIがDNAを解析、タイプ別に分類、ガンか否かを判断という格好です。

ガンの構造は複雑ですから、膨大なデータの収集とその解析(AI)が上手くいけば、画期的なサービスになりそうです。ちなみに、ガンによる死は世界で約1,000万人なので、サービスが世界に幅広く展開されるのを期待したいです!

アメリカのがんセンターでは当たり前のように使われているようです。

 

guardanthealth.com

最後は、Plentyです。

AIを活用した超効率的な屋内の水耕栽培です。従来の農業に比べて、水と場所がほとんどかからないですし、農薬もいらないのでめちゃオーガニック。

今後起こり得るであろう世界の食糧難や、既に起こっている世界の栄養失調の約8億人にとっては、画期的なものとなり得るでしょう。

wired.jp

ただ、昔から水耕栽培は注目されていますが、コストが高すぎて実用化には至っておりません。Plenty社の今後の展開に期待大です!

他にも約70社以上、ソフトバンクが出資しているベンチャーがあるのですが、どれもユニークです。気になった方はググってみることをおススメします!

孫さんが描いている未来がのぞけます。本日はこのあたりで。