転職はマルチタスクで考えよう 失敗しない転職論

ブログテーマは「失敗しない転職」です。せっかく転職するのであれば狙って成功させましょう。転職5回、仕事を楽しんでいる製造業に軸足を置くサラリーマンが発信しているブログです。転職で失敗しない為の思考法」や「転職エージェントの使い方」等が知りたい方はブログをチェックして下さい。転職先に行ってから「失敗してしまった・・」となってからでは遅いですからね。

「転職の面談・面接」において、トークテーマにすべきポイントとは?

転職したい会社の分析、情報収集については、先週お伝えしたように、

  • 「戦略・人材・環境」の3つの観点
  • ドラッカーの「5つの質問」

をベースにやっておけばひとまず大丈夫なのですが、転職先から内定を貰ったり、入社後も活躍出来るイメージを持てるかどうかは、やはり、面談・面接時にどういう質問、どういう受け答えをするかにかかってきます。

www.freeponzohflow.com

 

◆入社後、自分が活躍できるイメージを持てる会社へ

本日は、筆者ponzohが転職の面談・面接時にどういう受け答えをして内定をゲットしてきたのか、についてお伝えしてまいります。

その前に1つだけ言わせてください。何回も言ってるのでしつこいようですが、たくさん内定を貰ったとしても、

 

入社後、十分なパフォーマンスを発揮できるイメージを持てる会社に転職

 

してくださいね。

このイメージを持てない会社には、いくら待遇や仕事内容が良くても転職することはおススメできません。。

ぶっちゃけていうと、転職は「出たとこ勝負」の世界なので、転職先で成功出来るかどうかは入社してみないことには分からない部分も多いのですが、

転職の面談・面接時に、このイメージを少しも持てないのであれば、リターン(転職して良かった)よりもリスク(転職してあかんかった)の方が高いと判断出来ると思います。

5回転職していて、その中でも相対的に上手くいった転職に共通することは、この「自分が活躍出来るイメージ」を強く持てていたことです。

このイメージが薄くとも、転職先へ入社後の頑張り次第では、リカバリーは出来ることもあるのですが、その場合はそれなりの苦労は伴うので、「こんなはずじゃなかった・・・」と転職を後悔する日々になってしまうかもしれません。。

どうせ転職するなら、苦労するよりも、楽しく働けるような環境でもって、ご自身が転職後にすぐ活躍出来た方がいいですからね。

 

f:id:ponzoh:20190408065718j:plain



◆「転職の面談・面接」において、トークテーマにすべきポイントとは・・・

前置きが長くなりましたが、

 

入社後、十分なパフォーマンスを発揮出来るイメージを持てる会社に転職

 

する為には、「転職の面談・面接」において、トークテーマにすべきポイントがあります。それは、

転職希望先の会社の(経営)課題を見つけ出し、それに対して、自分であればこんな解決が出来ますよ、というプレゼンをやる

ということです。

このプレゼンをして、転職希望先の担当者のリアクションが良く、議論が深まっていけば、入社後、活躍出来るという判断をしても良いと思います。

逆に、議論が噛み合わない場合は、転職希望先(の担当者)に問題があるのか、もしくは、こちら(求職者)に問題があるだろう、と思った方が良いです。

仮にこちらの課題設定が間違っていても、勘の良い会社(担当者)であれば、会話の中で修正してくると思います。それでも議論が全然かみ合っていかないのであれば、運よく内定を得たとしても、その環境下では仕事の進め方が合わなかったり、高いパフォーマンスを発揮できない可能性がある、と筆者の経験上そう判断した方が良いと思います。

 

次号に続けます。