転職はマルチタスクで考えよう 失敗しない転職論

ブログテーマは「失敗しない転職」です。せっかく転職するのであれば狙って成功させましょう。転職5回、仕事を楽しんでいる製造業に軸足を置くサラリーマンが発信しているブログです。転職で失敗しない為の思考法」や「転職エージェントの使い方」等が知りたい方はブログをチェックして下さい。転職先に行ってから「失敗してしまった・・」となってからでは遅いですからね。

革新者シリーズ⑥ 革新者はイキイキと仕事を楽しんでいる

革新者シリーズは本日でひとまず終了です。

改めて、「革新者とは」を少し説明すると、

世の中の様々な分野で、今までのやり方とは違う方法、ビジネスモデル、価値創造をしている経営者に実際に会って、対話して、そこで得た新しい価値の生み出し方、暗黙知をパターン化して社会に発信していく

そして、「革新者」には共通して見られる5つの要素があります。

  1. 当たり前を疑う
  2. Needsを探すのではなく、Wantsを創造する
  3. 同類とはつるまない
  4. マイナスをプラスに転じる
  5. ワクワク感を生み出す

改めて羅列してみると何てことの無いものばかりなのですが、自分が関わっているビジネスにこれられの要素があるか、と言われれば、少しクエスチョンマークなのではないでしょうか。。。

「革新者」の手がけているビジネスには、これらの要素が上手くフュージョンしていて、どの事業も面白みを感じましたし、何よりも経営者自身(革新者)がイキイキしていて、仕事を楽しんでいられるのが印象的でした。

  • 流山市
  • 一万円選書
  • IKEUCHI ORGANIC
  • ダイアログ・イン・ザ・ダーク

転職軸としても上記の5つの要素は、転職先を選ぶ基準としても使えると思いますね。個人的に好きなのは、「Needsを探すのではなく、Wantsを創造する」という要素でしょうか。

マーケットにいるユーザーの「Wants」を探すという発想ではなく、自分が欲しいと思えるサービス、商品を世に出したら、それが結果的にユーザーの「Wants」であり、「Needs」にもなっていく理想的なビジネスの展開である、と感じ入る所が多くありましたね。

「好きなことを仕事にしよう」という転職軸は昨今の流行りではありますが、自分がやりたい仕事や、自分が世の中に生み出したい企画・商品・サービスについて、現職で関わられたらそれにこしたことはないですが、それが難しければ、転職先にそれを見い出していくことがますます当たり前になってくる気がします。

 

f:id:ponzoh:20190322223232j:plain

 

今、

「貴方は何がしたいんですか?」、そして「何が出来るんですか」

と問われてすぐに答えれる方は、自分の仕事の価値判断基準が明確になっているはずなので、現職でやり切るのか、それとも転職先を探すのか、もしくは起業するのか、という3つの選択肢のどれを選ぶかですね(組み合わせもあり得るけど)。

すぐに答えが出ない方方も含めてですが、この転職ブログでお伝えしているように(今週は、ザ・転職というド真ん中の内容では無いけど)、

現職の仕事をしっかり続けながら、いつでも転職できる

というオプションを常にキープしておくことがとても大切なポイントです。

その為には、自分の転職(労働)市場でのマーケット価値を常に把握しておいて、現職でも面白い仕事をするのはもちろんのことですが、更に面白い仕事をしたくなってきた時や、仕事のマンネリ化、飽きが来た時に、現職でそれらが解消出来ないのであれば、その時にいつも用意してある転職のカードを切ればいいだけですからね。

転職カードをいつでも切れるようにするには、

これらに満遍なく取り組んでおく必要があります。

年度が変わり、4月に新卒が入ってきて、5月以降から中途採用熱がまた盛り上がってきます。自分はどんな仕事をしている時がワクワクしているのかを改めて振り返り、「転職」というオプションを手に入れる為に、転職活動を始めてみるのはいかがでしょうか。