転職はマルチタスクで考えよう 失敗しない転職論

ブログテーマは「失敗しない転職」です。せっかく転職するのであれば狙って成功させましょう。転職5回、仕事を楽しんでいる製造業に軸足を置くサラリーマンが発信しているブログです。転職で失敗しない為の思考法」や「転職エージェントの使い方」等が知りたい方はブログをチェックして下さい。転職先に行ってから「失敗してしまった・・」となってからでは遅いですからね。

革新者シリーズ① 革新者を100人集めて新しい価値を生み出すプロジェクト

大阪メトロがハジけてますね!

大阪にある「堺筋」を「サカイマッスル」と誤訳(意訳?)してたんですね(笑)自動翻訳ソフトの利用が原因と機械のせいにしてますけど、誰かがきついボケをかましての、ツッコミ待ちやったんちゃいますかね。流石はナニハ!

 

◆革新者プロジェクトとは

前号では「頭の限界」を超えて、前例を打破するという内容でした。 

www.freeponzohflow.com

前例を打破した人、いわゆる革新的な人の共通項を探したり、革新者を集めて世の中を変えていくプロジェクトは出来ないのか、という研究、取り組みをやっている団体をご存知でしょうか。

野村総合研究所に「未来創発センター」というセクションがあります。その中に「2030年研究室」というのがあって、そこで、齊藤義明さんという人が「革新者プロジェクト」を推進しています。

未来創発センター | 野村総合研究所(NRI)

先日、齋藤さんの話を聞く機会があり、非常に面白かったのでその内容を共有していきたいと思います。

 

f:id:ponzoh:20190223104536j:plain

 

◆ビジネスモデルをパターン化し、革新的経営者をつないでネットワーク化

そもそも、「革新者プロジェクト」とはどんなものなのか。

世の中の様々な分野で、今までのやり方とは違う方法、ビジネスモデル、価値創造をしている経営者に実際に会って、対話して、そこで得た新しい価値の生み出し方、暗黙知をパターン化して社会に発信していく

というものです。

革新的な経営者100人に会っていく中で、そのユニークなビジネスモデル達のパターンを見いだし、そして革新的経営者をつないでネットワーク化して、地方創生までやってしまう、という素晴らしいプロジェクトなのです。

齋藤さんご自身も指摘されていたのですが、野村総研をはじめとしたシンクタンクは、世の中を様々な切り口で分析し、

  • こんな状況です。
  • こんな結果でした。
  • こんな未来が予見出来ます。

というレポートして終わりであると。

もちろん、そういう役割を担っているのがシンクタンク(think tank)ですから、そういうものでしょうし、中にはレポートだけでなく、実行(価値想像)まで担うシンクタンクもあるとは思いますけど、少数なのでしょう。

齋藤さんが立ち上げた「革新者プロジェクト」は、革新者の共通項(成功パターン)をレポートするだけでなく、その「成功パターン」を活用して何か新しい価値を生み出そうとしているところが面白いですよね。

明日はこの「成功パターン」について、どんな共通項があるのかをみていきたと思いますが、齋藤さんの話を聞きながら、「転職」にも「現職の仕事」にもオーバーラップしてくる部分があり、「問題意識の持ち方」と「実際の行動次第」なんだなぁ、、とひとしきり感心していました。