転職はマルチタスクで考えよう~自由自在に生きる7つの法則~

転職活動で消耗していませんか? 転職をマルチタスクで考えることで自由自在にサラリーマンを満喫できますよ。その一部始終を公開します!

「成果」を手に入れるには事前の種まきが必要。それは転職にも繋がること!

 とうとう、アベンジャーズにキャプテン・マーベルが参戦ですね!

アベンジャーズのメンバーの中でもめちゃくちゃに強いですから、アベンジャーズ本編の方ではキーマンになってくるのかな。

最近、観に行かなあかん映画多いな~。

 ◆実際に話を聞いてみないことには何も分からないよ

今週は、「CCC」、D Freeのトリプル・ダブリュー・ジャパン」「リンカーズ」「カブク」と紹介をしてきました。

「ユニークな会社を紹介する」という単純なテーマでしたが、実は転職活動に関わることで共通項があります。

それは、転職活動の流れの中で、どの会社ももれなく実際にカジュアルに面談をしたことがあるんですよ。だから、ご紹介したのは実際に聞いた話なんです。

会社によっては、速やかに外部から中途人材を採用したいところもあれば、会社の文化にマッチする本当に良い人材を長期的な視野で採用するところもあります。

一概に言えないところもありますが、後者の場合においては、企業と求職者とがカジュアルに面談してお互いを知り合って、お互いが求めるものがマッチしそうかどうかについて、じっくりゆっくり進めていくお見合いみたいなもの、と言ってもいいかと思います。

転職活動において、現職の仕事を頑張りながら、実際にいつでも転職出来るというオプションを確保することは非常に大切です。

そのオプションを作る為の活動(種まき)が、自分の興味がある会社ににフラっとお茶を飲みにいくレベルで、実際に話を聞きにいくというものです。

f:id:ponzoh:20190302122504j:plain

 

◆カジュアル面談はノーリスクミドルリターン

筆者ponzohの場合は、冒頭の4社についてはぶらっと話を聞きに行きましたし、他にもそういう会社はそれなりの数になりますね。

カジュアル面談から、ちゃんとした採用の面談に繋がった会社もあれば、途中でこちらから断ったり(あちらからも有ります)、自然消滅するものもあります。

全く転職する気が無いであればこういう活動は必要ないのかもしれませんが(長期的には何かのご縁になる可能性はあるけど)、少しでもその会社に興味があって、転職する気持ちも少なからずあるのであれば、街に出かけて興味がある会社と面談してみることをおススメしますね。

ノーリスクミドルリターンだし、経験上、心地よい企業文化を醸成しているところの採用の門戸は、常にオープンですから。

 

◆成果を手に入れるには事前の種まきが必要

仕事でも転職活動でも通ずる所はあると思っていて、仕事で大きな成果を残したり、良い会社や面白い仕事に出会える人は、「事前の種まきが上手い人」だと思います。

あたり前田クラッカーのように、当たり前のことを当たり前に、着実にやる人がどんな分野においても成果を出していますから、転職活動において今回の文脈でいうと、気になった会社には躊躇せずにとにかく会いにいくということですね。

もちろん自分で面談を申し込むことも良いのですが、転職エージェントを使った方がアポの調整等色々と便宜を図ってくれるので、そちらの利用をおススメします。

 

そろそろponzohが「おススメする転職エージェント」の回をアップしたいとも思っているので、ご期待ください!!

それでは華金をお楽しみくださいませ~