転職はマルチタスクで考えよう~自由自在に生きる7つの法則~

転職活動で消耗していませんか? 転職をマルチタスクで考えることで自由自在にサラリーマンを満喫できますよ。その一部始終を公開します!

何が起業のきっかけとなるかは分からない

新国立競技場の完成がそろそろ近づいてきていますね。

来年の夏のオリンピック開催時は仕事やってる場合じゃないので、しっかり休めるように今から色々考えておかないと(何を?)!!オリンピックまであと500日!!!

 

◆超高齢化社会を迎える日本にとっては無くてはならないプロダクト

本日は面白いプロダクトを紹介します。

その名も「D Free」

この商品を知っている方は少ないと思いますが、トイレ(排尿)のタイミングを事前にお知らせしてくれるんですよ。商品としてはユーザーを選ぶものなので、知る人ぞ知るというところでしょうか。

 

 

この「D Free」は健常者には基本的に必要ないものなのですが、ご老人や排尿機能に問題を抱えたユーザーを中心に広く利用されていて、世界を探しても今のところ唯一無二のプロダクトのようですね。

具体的には、超音波センサーを体の一部に装着し、水風船のように形が常に変わる膀胱の膨らみをそのセンサーで常時計測。その結果をスマフォに飛ばすことも出来るという優れものです。

超高齢化社会を迎える日本というマーケットにおいては、ガンガン広まっていく商品なのだろうと思います。

 

f:id:ponzoh:20190309075714j:plain

 

◆唯一無二の企業エピソード~漏らしちゃった~

前置きが長くなりましたが、どうしてこの商品、会社に興味を持ったのかをお伝えさせて下さい!この商品の開発にきっかけになったエピソードが筆者ponzohの心に刻み込まれたからなんです。

会社名は「トリプル・ダブリュー・ジャパン」といって、何年か前に実際にこちらの役員さんにもお会いしたことがあります。勢いのあるベンチャー企業の雰囲気でした。

会社に伺った当時のオフィスは渋谷でしたけど、今は日比谷なんですね。

dfree.biz

肝心要の社長起業エピソードなんですけど、アメリカ留学中、用事があって外にいる時に急激な便意に襲われたと。

しかしながら、公衆便所が無くて、頑張って頑張って頑張って頑張ってトイレを探したけど見つからず、最終的にはう〇こをもらしちゃったんですよね。

このエピソードは衝撃的です!!他人の体験なのに、その時の情景がクリアに目に浮かぶのが不思議です。。

社長の中西敦士さん曰く、その時の悪夢のような体験がトラウマになったけれど、結果的には「事前に便意が分かるようなデバイスを創る起業家になった」というわけですね。詳しくはこちらをご参照ください。

gendai.ismedia.jp

起業に至ったエピソードは数あれど、「漏らしちゃった」から起業する、というストーリーはレアで興味を惹きましたし、商品自体も非常に素晴らしい便益をもたらすものだと思っているので、取り上げてみました。

IPOを目指しているらしいので、陰ながら応援しています。起業するきっかけは何処にあるかわかりませんね。運とタイミングが合えば何でも出来る世の中になってきました!