転職はマルチタスクで考えよう 失敗しない転職論

ブログテーマは「失敗しない転職」です。せっかく転職するのであれば狙って成功させましょう。転職5回、仕事を楽しんでいる製造業に軸足を置くサラリーマンが発信しているブログです。転職で失敗しない為の思考法」や「転職エージェントの使い方」等が知りたい方はブログをチェックして下さい。転職先に行ってから「失敗してしまった・・」となってからでは遅いですからね。

チームのパフォーマンスを上げる手法の1つを紹介します!

中国での商売が黄色信号点滅です。筆者は製造業に身を置いていますが、EMS関連の2月の実績はがた落ちですし、あの永守さんも警戒しているぐらいですからね。赤色信号に変わらなければいいのですが・・

◆チームのパフォーマンスを上げる手法の1つはなに?

前号では、

チームのパフォーマンスを最大にする鍵は、全てマネジャー次第

という話でした。そりゃそうだけど。。

では具体的にどーすんの?という話もあると思うので、そのテーマに足を一歩だけ踏み入れます・・・

www.freeponzohflow.com

 

鍵は「1on1ミーティングにあるのでは」と考えています。

その言葉通りなので説明不要ですが、マネジャーとメンバーが1対1で面談をすることです。まさに1on1(笑)

元々は欧米の企業でのマネジメント手法ですが、最近は日本でも取り入れる企業が増えてますよね。

では、1on1ミーティングをやりさえすれば、チームのパフォーマンスが上がるのか?と言えば、そんなことはありません!!

ありがちな話ですけど、こういうマネジメント手法や、最近では「AI」や「RPA」等、何か新しい仕組みやシステムを導入しただけでは何も変わらないし、むしろ導入の結果、上手くいかないばかりか、現状よりも余計に悪くなるケースもあり得ると思います。

新しい手法、仕組み、システムは導入後の運用こそが肝ですから、上手く運用出来るイメージが無いのであれば、無理せずお見送りした方がまだ良いのかもしれません・・

f:id:ponzoh:20190223104626j:plain

 

◆1on1ミーティングが日本企業で上手くいかない理由

1on1ミーティングに話を戻します。

はい、これをそのまま導入しても上手くいかないのはご想像通りでございます(笑)

今まで、マネジャーとメンバー間でがっつり会話が無い状況下で、「よし、今日から1on1やるから!」って言われてもねぇ。。お互い当たり障りのない話しかできずに終わるのが関の山でしょう。。

欧米ではうまくいったマネジメント手法なのに、日本では何故上手くいかないのでしょうか?それは、そもそもの企業文化の差があると考えられます。

 とくさん、ありがとうございました。

そうなんですよ。普段から本音を言ったり、雑談したり、お互いの価値観を言葉でもって共有出来ていないチームが、いきなり1on1ミーティングでもって仕事のパフォーマンスを上げることは難しいんですよ。

え??「1on1ミーティングにチームのパフォーマンスを上げる鍵がある」という仮説を冒頭に言ってたやん!

とツッコんでくれた読者さんw 明日の記事をお読みください!

いきなり、ミーティングで本音で語り合おうというのは無理があるので、少し工夫する必要があるのです。