転職はマルチタスクで考えよう 失敗しない転職論

ブログテーマは「失敗しない転職」です。せっかく転職するのであれば狙って成功させましょう。転職5回、仕事を楽しんでいる製造業に軸足を置くサラリーマンが発信しているブログです。転職で失敗しない為の思考法」や「転職エージェントの使い方」等が知りたい方はブログをチェックして下さい。転職先に行ってから「失敗してしまった・・」となってからでは遅いですからね。

上手くいっている人をまねる

おはようございます。

3月にクリント・イーストウッドの映画、「運び屋」が公開されますね。「グリーンブック」と同様に実話をベースにしたもののようですが、「運び屋」は非常に渋いです。そして、「人生とは」を考えさせられるような映画みたいですね。劇場に足を運ぶ理由が出来ました。

newspicks.com

◆上手くいっている人をまねる

この転職ブログでは「自己分析」の大切さを幾度となくお伝えしています。

  • 自分は何がやりたいのか
  • 自分は何が出来るのか
  • 何を求めれらているのか

例えば、このような自問自答をして「自己分析」、「キャリアの棚卸」をすることが転職活動の出発点ですよ、と。

このアプローチで筆者ponzohは転職活動を始めて、何やかんやここまできたので間違いは無いとは思いますが、「こんな別のアプローチもありますよ」という話をします。

 

上手くいってる人をまねる

 

世の中一般に使われている言葉でいえば、「コンピテンシーモデル」とも言われますよね。

コンピテンシーモデルとは - コトバンク

 

f:id:ponzoh:20190223104621j:plain

 

◆ヒアリングから上手くいっている思考法を掴み、インストールする

自分を客観的に見たり、自己分析をしてもなかなか言語化出来ないよ、という読者さんもいらっしゃると思います。そういう時は、自分の回りにいる同僚、先輩、知り合いに根掘り葉掘りヒアリングをさせて貰うのです。

いきなり、「自己分析はどうやってますか?」と聞くのは直接的過ぎるので、仕事で工夫していることを中心にヒアリングをすることで、どんな思考・どんな行動をしているのかを炙り出し、そして、ご自身にインストールしてみてください。

 

例えば、こんな質問項目で良いと思います。

  • 仕事で上手くいっていること
  • 仕事で失敗していること
  • 仕事で工夫していること
  • どうして今の会社、仕事を選んだのか
  • どういう時間軸でキャリア構築を考えているのか
  • 今の仕事でそのキャリアは実現出来るのか
  • 実現出来ないとすれば、どんな転職を考えているのか

 

◆仕事で成果を出すことに偶然は無い

仕事中、ランチ、飲み会などなど、いろんな場面でいろんな人にヒアリングしてみてください。

  • 優秀な人
  • 普通な人
  • あんまりな人

のように、カテゴリー別にヒアリングをしてみて共通点を見つけていくのも面白いと思います。

「優秀な人」は「普通な人」と比べて、何をやっているのか?、どんな工夫をしているのか?を掴み(比較することで)、それをマネて同じように思考、行動すれば、成果は出る確率は上がりますからね。

重要なところは「思考法」の部分なので、「何故そのように考えるようになったのか」、というそもそも論を必ず聞くようにしてください。

「思考法」がまずあって、実際に行動したくさんのトライ&エラーを繰り返すことで、成果を出しているはずなので。

筆者ponzohも過去の仕事で、「優秀者」と「非優秀者」のヒアリングをしたことがありますが、「成果に差が出ることに偶然は無いのだなぁ・・」と感心をしたことがあります。

たくさんのヒアリングをして共通点を見つけていくことが、言語化の訓練にもつながりますし、是非トライしてみてください!