転職はマルチタスクで考えよう~自由自在に生きる7つの法則~

ブログテーマは「失敗しない転職」です。せっかく転職するのであれば狙って成功させましょう。転職5回、仕事を楽しんでいる製造業に軸足を置くサラリーマンが発信しているブログです。転職で失敗しない為の思考法」や「転職エージェントの使い方」等が知りたい方はブログをチェックして下さい。転職先に行ってから「失敗してしまった・・」となってからでは遅いですからね。

ご自身の価値観や優先順位通りに仕事に取り組めていますか?

 4月から有給休暇の新ルールが開始されますね。

年次有給休暇が10日以上発生した社員について、会社は発生日から1年の間に最低でも5日間の有給休暇を消化させなければならない

 普通にサラリーマンをやっていたら、5日の取得は息を吐くように自然にあり得ると思うのですが、、、世間一般ではそうは問屋が卸さん世界のようですね。今回の新ルールでは罰則規定もあるので、5日の取得は担保されそうですが。

厚生労働省の「就労条件総合調査」によれば、2016年の1年間に企業が付与した年次有給休暇の1人平均は18.2日、そのうち労働者が取得した日数は9日。取得率は わずか49.4%です。

 100歩譲って、有給休暇を取得するタイミングだけは多少気を使うとして(筆者ponzohは気を使ったことは無いのですが・・)、取得しないという選択肢はあり得ませんよね。

もし、有給休暇を取得出来ない、そういう会社にいらっしゃるのであれば、シンプルに転職をした方が良いと思います。人が休めない環境、組織、体制は、経営者側に問題ありですから。。詳しくはこちらをどうぞ。

toyokeizai.net

◆ご自身の価値判断基準は明確ですか

自己分析については、これまでいろんな切り口でお伝えしてきましたが、今回は

「自分は何に大きな価値を感じているのか」

について、触れていきます。

これまでの自己分析は、どんなキャリアを構築していくのか、という点において、例えば「CAN・WILL・MUST」のフレームワークや、「転職決断フォーマット」を使ってのものでした。

 

www.freeponzohflow.com 

www.freeponzohflow.com 

今回紹介するのは、その更に上位概念(最上位の概念)にあたります。

自分の人生において、譲れない大切な価値観や優先順位があると思いますが、その基準通りの判断や行動が日々の生活や仕事で実現できていますか?という問いです。

 

例えば、

  •  「自由な時間」に価値を最も高く置いているのに、「長時間労働」をしている
  •  「お金」に価値を最も高く置いているのに、「給料の安い業界」で働いていて、年収が上がる可能性も低い
  •  「ワクワクすること」に価値を最も高く置いているのに、給料は高いけど、「つまらない仕事」をしている

 

ご自身の価値観に沿った仕事をやっていますか?

f:id:ponzoh:20190223104630j:plain

 

◆「価値判断基準」に基づいた仕事に取り組めていますか

「自分は何に大きな価値を感じているのか」を別の言葉で捉えると

  • 価値観
  • 使命感
  • 正しいこと
  • 好きなこと
  • 嫌いなこと
  • ワクワクすること
  • やりたいこと
  • やりたくないこと
  • 大切なこと

厳密にいうと上記言葉の定義はそれぞれ違うものなのですが、「自分は何に大きな価値を感じているのか」についての自問自答(自己分析)は、これらの切り口で考えてみても答えは出てくると思います。

自己分析のテクニックとしては、取っつき易いものでやる方が答えが浮かび易いですから、「価値観」や「使命感」でピンとこない場合に、「ワクワクすること」で考えてみたら、ポンポン浮かぶということもあり得るでしょう。

あとは、マイナス要素の強い「嫌いなこと」、「やりたくないこと」といったところから攻めるのもよいかもです。

自分の価値判断基準が何となくでもいいので、いくつか浮かんできたら、それに優先順位をつけてみてください。出てきた答えはどれも大切な基準であるとは思いますけど、「エイヤ!」で上から価値が高いもの順に並べたら、それが貴方の価値判断基準です。

明確になった価値判断基準に基づいて、

  • 現職の仕事ではその基準は満たされているのか?
  • 満たされていないとしたら、転職をするのか?

など思考を更に深めていき、自分の転職へのスタンスを創り上げていってくださいね!