転職はマルチタスクで考えよう 失敗しない転職論

ブログテーマは「失敗しない転職」です。せっかく転職するのであれば狙って成功させましょう。転職5回、仕事を楽しんでいる製造業に軸足を置くサラリーマンが発信しているブログです。転職で失敗しない為の思考法」や「転職エージェントの使い方」等が知りたい方はブログをチェックして下さい。転職先に行ってから「失敗してしまった・・」となってからでは遅いですからね。

「笑い」の起こし方って?? ~お笑いを科学する~

なかなか斬新な視点だったので、日曜日の朝食のお供にどうぞ。ある新卒社会人一年目の会社って学校じゃんかという話。

 

◆緊張と緩和が笑いを起こすメカニズム

先日、お笑いについてほんの少しだけ勉強してきたので、ほんの少し共有しますね。

 

緊張 ✖ 緩和

 

「笑い」はこの2つのバランスから生まれるということです。世の中のお笑い番組の作り方もまさにそうですね。その最たる例が「ドッキリ」。筆者ponzohはドッキリ番組が大好きでよく見てヘラヘラ笑っています。

 

例えば、これ。とんねるずの番組は終わっちゃいましたが、水落シリーズですね。

www.youtube.com

 

最近見た中で腹抱えて笑ったのが、これ。ノルマンディック親父で一世風靡しました。

honomomovie.com

ノルマンディック親父がおもむろに現れて、何とも言えない表情で立っているw

 

あの間(緊張)

からの

きよっさんのツッコミ(緩和)

 

これで爆笑の渦がおきました。本当に面白かった!!是非みてください。アマゾンプライムで相席食堂(番組名)でもダウンロード出来ると思います。

 

「水落」も「ノルマンディック親父」のどちらも、「緊張」「緩和」を上手く使って、笑いを起こしていますよね。日常や職場にも「笑い」はたくさんあった方がいいと思うので、この笑いのメカニズムをバンバン使ってみてください。

f:id:ponzoh:20190116113846j:plain

 

◆フリ、ボケ、ツッコミの3段活用で笑いを取る

もう一つ、「笑い」のメカニズムについて(笑)

「笑い」を起こすには、「フリ」、「ボケ」、「ツッコミ」の3段活用が必要です。このプロセスを守ってさえすれば、笑いは取れます。もちろん、具体的なネタのチョイスや先ほどの「緊張」と「緩和」をどう使うかで、爆笑度合いは変わってきますので、使用についてはご自身の責任でお願いしますね(笑)

 

例えば、

 

昨日の晩飯何食べたん?(フリ)

 

魚焼いたやつ。三重の松坂産で、良質なエサと広い牧場で育てられた牛で、凄いジューシーやったわ(ボケ)

 

魚ちゃうやんけ!牛言うてもうてるし(ツッコミ)

 

読者さんがスマフォ越しに爆笑しているのが目に浮かんできますw良いお客様で有難うございます。

 

「緊張」と「緩和」、そして、「フリ」、「ボケ」、「ツッコミ」の3段活用を使って、転職面接なんかでも「笑い」でその場を和ませることができたら、面接官の印象に残るかもしれませんよ!

ついでに明日から、職場でも「笑い」をかっさらってみてください!!

 

月曜日からは、通常の転職ネタに戻ります!では、楽しい週末をお過ごしくださいね。