転職はマルチタスクで考えよう 失敗しない転職論

ブログテーマは「失敗しない転職」です。せっかく転職するのであれば狙って成功させましょう。転職5回、仕事を楽しんでいる製造業に軸足を置くサラリーマンが発信しているブログです。転職で失敗しない為の思考法」や「転職エージェントの使い方」等が知りたい方はブログをチェックして下さい。転職先に行ってから「失敗してしまった・・」となってからでは遅いですからね。

自分を知るということが全ての出発点

こんにちは。華金なのでランチタイムの発信です。

エクセルで「フラッシュフィル」を使ったことはありますか?非常に便利な機能なので一度お試しあれ!

 

◆自分を知るということが全ての出発点

4回に渡ってCAN・WILL・MUSTのフレームワークについて解説してきました。

 

そもそもこのテーマは、「自己分析」や「キャリアの棚卸」に繋がるよ、という意味で選びました。

自分を知るということが全ての出発点ですから。

具体的には、

 

「自分は何が出来るのか」

「自分は何がやりたいのか」

「自分は何をやらなければならないのか」

この3つの問いに答えていくことが、「自己分析」や「キャリアの棚卸」に繋がり、そして、自分の「仕事観の軸」をも見つけてみませんか、ということがテーマでした。

www.freeponzohflow.com

 

実際にこのフレームワークを使って振り返ってみましたか?

こういうワークは騙されたと思って(騙してないんですけどね)、素直にトライしてみてくださいね。

f:id:ponzoh:20190214064241j:plain

 

◆自分のキャリアを言語化出来ないのは、単純に慣れていないだけよ

フレームを試してみた前提で話を進めます。

自分のCAN・WILL・MUSTについて、いざ言語化してみても、すらすら書ける人は少なかったと思います。自分のことなのに不思議ですよね。

でも、理由は簡単です。「キャリアの棚卸」や「自己分析」に単純に慣れていないだけです。そういう経験が少ないので、なかなか言語化が出来ないというわけです。

筆者ponzohは、一年に何回かそういう振り返る機会を作って、

  • 去年と比べてどんな「CAN」が増えたのか
  • 新しい「WILL」は出てきていないか
  • 「MUST」に変化は無いか

等を自問自答しています。

「自己分析」は慣れですので、定期的に振り返るようにしていれば、言語化は自然と出来るようになります。

自分1人ではちょっと難しいよ、という場合は、転職エージェントに対話の相手をしてもらうとか、こういうサービスも利用してみてくださいミイダス(質問に答えていくことで、ご自身の市場価値が分かります)。

 

f:id:ponzoh:20190206111442j:plain

 

◆転職活動はこのタイミングですね

CAN・WILL・MUSTで振り返りをやってみて、「自分が描くキャリアの方向性(仕事)」と「会社から求めれている仕事」は一致していましたか?一致してれば、ガンガン現職で実績を積んでいきましょう!

残念ながら一致していないのであれば・・・

現職を続けるのが自分にとってベターなのかどうかを冷静に見極めつつ、同時に、転職活動へと舵をきる選択もありだと思います。

CAN・WILL・MUSTのフレームワークのおかげで、ご自身についてしっかり把握出来ているので、転職エージェントとの対話や転職活動もサクサク進めることが出来ると思います。今まで踏ん切りがつかなかったのであれば、このタイミングで是非!!

自分のことを知っているということは、どんな転職がしたいのか、現職にこんな不満があるから次の職場ではこういうしたい、というようなことが明確に語れますからね。

では、楽しい華金をお楽しみください!