転職はマルチタスクで考えよう 失敗しない転職論

ブログテーマは「失敗しない転職」です。せっかく転職するのであれば狙って成功させましょう。転職5回、仕事を楽しんでいる製造業に軸足を置くサラリーマンが発信しているブログです。転職で失敗しない為の思考法」や「転職エージェントの使い方」等が知りたい方はブログをチェックして下さい。転職先に行ってから「失敗してしまった・・」となってからでは遅いですからね。

仕組み次第で今の仕事を楽しく出来るし、何とでもなる

 トランプ大統領の一般教書演説が始まりましたね。中間選挙に向けてどんなアッピールをするのか楽しみ半分、怖さ半分というところでしょうか。

twitter.com

 

◆週4時間だけ働く・・・・

前号では「半年だけ働く。」という本を紹介しました。 

www.freeponzohflow.com

 本日はその流れで「週4時間だけ働く」を紹介します(笑)

何か大喜利みたいになってきましたが、この本は世界各国でベストセラーになっているぐらいの良書でありますし、本日、水曜日は中だるみをしそうな頃合いでもあるので、元気を貰える本から刺激を得ようじゃあーりませんか、ということですね。

 

 

ティモシー・フェリスさんという方が書いた本で、キャッチコピーが強烈です。

 

夢を先送りするな、いまがあなたを変える絶好の時だ!

 

こういう類の、人生を自由に生きるノウハウについての本はたくさんありますが、その中でもすぐ使える実践的な内容も記載されていて、今の仕事や人生全般のアップデートにも使えると思います。


◆仕組み次第で今の仕事を楽しく出来るし、何とでもなる

そもそも、タイトルからして悪魔的ですよね。「週4時間」だけ働くですから。

ぶっちゃけて言うと、本書の通りにそのまま実行すればお金を稼ぎながら自由な時間も得られると思います。

ティモシーさんがやっていることは、所謂、世の中の著名な起業家が手掛けているビックビジネスではなく、どちらかといえば、普通のスモールビジネスなので、一般人にもやれなくはない。

でも、今の仕事や生活や考え方をそっくり変えて、そのまま実行するのは少しハードルが高いなぁ、とも同時に感じました。

この本が最初に出版されたのが2007年。時代の流れですね。この本で書いてあることが、サラリーマンをしながら実践出来そうな世の中になってきました。「現職で実行するのか、転職してから実行するのか、はあなた次第」というところでしょう。

例えば、初級編でいくと、リモートワーク、フレックス、副業との兼業。

このキーワードだけみると、そんなもんかと思われるかしれませんが、今の会社や仕事に、この制度をどうやって導入すればよいか、そして、それを自分が享受するにはどうすれば良いか、の方法論が書いてあるのですよ。

サラリーマンという世界の中で自由に働けるコツをこれだけでもか、というぐらい紹介しているので、低いハードルのものから実践していけば、今の仕事も楽しくなると思いますよ。

筆者ponzohは結構自由にサラリーマンをやっていますが、今年はリモートワークをやれるように環境を整えてみます!!

f:id:ponzoh:20190206110623j:plain



◆サラリーマンでも自由に生きられる手段はたくさんあるのね

本書のテーマは少ない時間で効率的にお金を稼ぐ方法なので、究極は「収入のオートパイロット化」を目指すことです。いつも自由気ままにしているように見えるけど、しっかり稼いでいる人間はこんな風に仕事していたのね、ということがイメージできます。

そのまま「まるっ」と実践しようと思えば、結論的には独立というオプションになってしまいますが、本ブログは転職ブログですし、裏テーマとして、サラリーマンをしながら自由自在に生きる術をお伝えするものですから、この「収入のオートパイロット化」という仕組みを作り上げる部分に着目し、その考え方を今の会社、仕事に活かすことで、サラリーマンでも案外自由にやれるのだな、ということを念頭に置いて読み進めてほしいですね。

フラット化したこの世界では、ITリテラシー、勇気、実行力があれば、独立したフリーマンではない、サラリーマンでも色々自由にやれそうでございます。


以下、気に入ったフレーズ

行動を先延ばししたために、金銭的に、気持ち的に、肉体的にどのぐらいの損害をこうむっているだろうか。

わくわくすることは、幸せの実質的な同義語であり、まさにあなたが追い求めるべきものだ。興奮こそ万能薬である。

何の20%が、自分の不幸と問題の80%を引き起こしているのだろうか。
何の20%が、自分の望んでいる結果や幸せをもたらすのだろうか。

存在しないパズルのピースを合わせようと一生懸命になり過ぎれば、本当の面白さを見逃してしまう。すべてのルールと制限は、自分自身がつくるものだと自覚しよう。 

 

 

では、また明日!