転職はマルチタスクで考えよう 失敗しない転職論

ブログテーマは「失敗しない転職」です。せっかく転職するのであれば狙って成功させましょう。転職5回、仕事を楽しんでいる製造業に軸足を置くサラリーマンが発信しているブログです。転職で失敗しない為の思考法」や「転職エージェントの使い方」等が知りたい方はブログをチェックして下さい。転職先に行ってから「失敗してしまった・・」となってからでは遅いですからね。

脳(ツール)の使い方次第で、世界(成果)は変わる

◆速読セミナーに参加しちゃいました

 昨日は速読についてのセミナーに参加してきました。

頭、脳みそを酷使したので、今朝は頭が少し痛いです。。(笑)。今日もday2なので、本日のブログはサクッといきますね。セミナー内容を詳しく書けないので、とにかく

  • 最低100冊は読む/年(当たり前か・・)

ということがまずは一番大事、ということですね。これは色々な書籍に書いてあるし、あたしまえ!と言っていいほどのことなのですが、

「めっちゃほんま大事!!」

講師も内容もめちゃくちゃ良いです。興味があれば紹介するので、お声がけくださいませ。

 

◆効率よく成果を出す為の方法論を知らないと損

セミナーの中で「イメージ記憶術」についての訓練があったのですが、こちらも非常に面白い学びでした。

allabout.co.jp

この「イメージ記憶術」を使う前は、15個ぐらいの固有名詞を覚えるので精一杯だったのですが、この「イメージ記憶術」を使えば、順番通りに100個を覚えることが出来ました。

 

効率的に成果を出すには、

「こういうノウハウやツール、コーチを使うべきなのだ」

と深く思いましたね。

頑張って記憶しようと思っても出来なかったことが、いとも簡単に実現出来ちゃうわけですから!

 

自分なりに頑張って、努力してもなかなか良い結果が出ない時は、

「やり方が間違えているのだ」

と素直に諦めて、別の(上手くいく)やり方を試した方が、早く成果に辿りつける確率が高いでしょう。

 

また、上手くいくやり方を探すコツについては、こういうセミナーももちろんいいですが、普段からの読書が一番効果があると思いますね。

常に良質な情報をインプットし続けていれば、何か困り事があれば頭の中でシナプスがピンピンピンと繋がって解決策まで導いてくれると思います。

 

筆者ponzohは、この記憶術関連の知識が全然無かったので、シナプスの繋がりは起きませんでしたが(笑)

なので、こういうセミナーに参加して強制的にシナプスをつなげるのも悪くは無いですね。

f:id:ponzoh:20190116113933j:plain

◆脳(ツール)の使い方次第で、世界(成果)は変わる

「脳には限界が無いのだなぁ」

というのが本当に今回の学びです。

 

「100個の名詞何て覚えられるかいな!」と思っていたら、脳の使い方次第ですーっと記憶できちゃうわけですから。

頭(脳)が良い人は、成果を出す為の方法論を、先天的にも、後天的にも身に着けているのだなと痛感しました。

 

ちなみに、元々、脳が良い人がどんな世界を見ているのかを知りたければ、こちらを是非手にとってみてください。 まずは、脳の使い方が常人と違う人の世界を覗いてみる必要がありますからね。

 

オルダスハクスリーさんの「知覚の扉」です。

「肯定も否定もできない別世界が確実にある」ということが、ハクスリーの語り(体験)を通してインストールできますよ。

ゴッホ、ボッティチェリ等の芸術家の眼(脳)にはこの世界はそう見えていたのか。何世紀にもわたって、我々の心を魅了する作品を創作出来るわけですね。。。

 

ハクスリーの仮説はこうです。

人間は宇宙の全ての所で生じる全てのことを知覚出来るが、脳が減量バルブの役割を果たし、その全ての中で日常的に有効でありそうなものだけを選び取っていると。では、その全てを知覚出来るとしたら、世界はどう見えるのか。 

 

そして実際に、幻覚剤メスカリンを使ってその世界を観てみよう、とトライしたのが何を隠そう、オルダスハクスリーさんなのです。

 

筆者ponzoh流に解釈すると、ゴッホ、ボッティチェリ等の稀有なアーティストはそっちの世界(宇宙)を観る能力がそもそも備わっていて、こっち(現実)の世界で、そっち(宇宙)について、作品として創作していたということですね。

そりゃぁ彼らの作品は何世紀にも渡って心を震わすわけだ!!

 

話が怪しくなってきましたが(笑)、脳の使い方ひとつで世界が変わるという面白い実例の紹介でした。

 

明日(平日)からはお待ちかねの、転職ネタに戻ります!

それでは良い一日をお過ごしください~